ブラジリアンワックスを行なう際、重要視したいポイントの1つがアフターケアです。

特にデリケートゾーンは、肌が薄く弱い部分ですから、肌と毛穴に与えるダメージを最小限に抑える為にも、脱毛直後のケアと毎日のデイリーケアは欠かせないのです。

ほとんどの人は、ブラジリアンワックス後、2~3時間、長い場合では約1日、赤みやかゆみを感じ、その後、お肌は落ち着いていきます。

脱毛直後に行うケアは、広がってしまた毛穴を引き締めること、そして肌の炎症を抑えることを目的として行ないます。

まずは、清潔なタオルを用意し保冷剤を巻き、肌にあてがって患部を冷やして、その後、ベビーオイルや乳液を塗って肌を整えていきます。

出血がみられる際は、出血が収まってから患部を冷やして、消毒効果のあるクリームを塗付するようにしましょう。

施術当日の夜の入浴は、できれば湯船には浸からず、シャワーのみで済ませましょう。

また、タオルやスポンジを使用せずに、ボディーソープの泡で洗うようにするといいでしょう。

ブラジリアンワックス脱毛後、2日以上経っても、赤みやかゆみ続くようでしたら、冷たい化粧水とコットンでパックをしたり、ワセリンと薄く塗付したりするといいでしょう。

ブラジリアンワックス後は、毛穴に角質が詰まりやすくなり、肌の上に新しい毛が生えずに埋没毛になってしまうこともあります。

デイリーケアとして微粒子のスクラブ入りクレンジングや、フルーツ酸やサリチル酸が配合されているローションやクリームを使用することで、埋没毛を防ぐことが可能となります。

ブラジリアンワックスって痛いのでしょうか?#8663226 【OKWave】

Comments are closed.