ブラジリアンワックスでデリケートゾーンの脱毛処理を行なっているという女性も多くなってきました。

このように利用者が増えてきているのと同時に、ブラジリアンワックスを行なうサロンも年々増加の傾向を見せています。

サロン数が多くなり、職場や自宅から近くて行きやすいところを簡単に見つけられるのはいいことですが、行きやすさだけではなく、衛生面でも技術面でもしっかりと信頼できるサロンを選びたいものです。

衛生面でチェックしたいのは、サロン自体がしっかりと掃除され清潔にされていることはもちろんですが、ワックス剤の保管方法や、処理に使用する道具をどのように使用しているかも、できれば知っておきたいポイントです。

ワックス剤が入っているポットが汚れている、ワックス剤に毛やゴミが混入されているなど、ワックス剤が清潔に保管されていなかったり、塗布するヘラを使いまわしていたりするサロンは、要注意です。

これは、不衛生なだけでなはく、最悪の場合では、伝染病の原因となるということにもなりうるのです。

一般的なブラジリアンワックスの流れは、着替えをした後、カウンセリング、ワックス脱毛、毛抜き、そして仕上げです。

カウンセリング後は、ムダ毛がワックス脱毛しやすい長さにカットされ、オイルを塗ってお肌を保湿してから、実際の脱毛へと進みます。

脱毛にかかる所要時間は、平均で40分前後、長くても1時間というサロンがほとんどですから、これを技術面での1つの目安としてもいいでしょう。

1時間以上を要したり、脱毛後の痛みが激しかったりする場合は、技術者のレベルが低いとも考えられます。

Comments are closed.